日本酒が苦手な人からの注目を集めているスパークリング日本酒

日本酒が苦手な人からの注目を集めているスパークリング日本酒

日本人であっても日本酒が好きだとは限りませんが、日本酒が苦手な人からも注目を集めているお酒があります。
それがスパークリング日本酒です。
このお酒の特徴としてあげられるのは、中に炭酸ガスが入っていることです。
スパークリングワインや炭酸飲料のような感覚で飲むことができます。
アルコールの度数が少ないものが多いことも特徴になっていて、アルコールが苦手な人でも飲みやすくなっています。
味にも特徴があり、通常のものよりも甘味が強い商品が多くあります。
気軽に飲めるところも人気があり、この種類のお酒を好む人も増えています。
昔からこうしたタイプのお酒は販売されていましたが、当時はあまり人気がありませんでした。
このタイプのお酒が多くの人から注目をされるようになったのは、2010年代になってからです。
きっかけとなったのは大手の酒造メーカーが、スパークリングタイプの日本酒を販売開始したことです。
テレビCMなども放映されて、より多くの人に知られるようになりました。

日本酒はお酒好きの相手へのプレゼントに最適

日本酒はお酒好きであれば好む人が多く、また種類が充実していて飲み比べにも適していますから、プレゼントすると喜ばれるのではないでしょうか。
日本酒を選ぶならまず予算を決めておき、次に相手の好みを確認して、好みに合いそうな銘柄をいくつかピックアップします。
定番は贈り物に無難ですが、新しいもの好きや変化を好む人には、珍しい銘柄を探し出してプレゼントすれば更に喜ばれるはずです。
日本酒に詳しくなかったり選択に迷う場合は、予算に余裕を持たせて複数銘柄をセットで贈るのもありです。
組み合わせについてはお店で店員さんに相談することで、希望に合うと思われる銘柄を提案してもらえます。
おすすめなのは、贈り物をする相手と一緒にお店でお酒をいただき、感想を言い合って好みを探る方法です。
そして好みに合いそうな銘柄を取り寄せ、自分で味や香りを確認して選ぶわけです。
日本酒は温度や合わせる食べ物によっても感じ方が変わるので難しいですが、このような選び方もありなのではないでしょうか。

著者:飯島貞子

筆者プロフィール

京都府京都市生まれ。
お酒が大好きで本格的にお酒について学びました。
この経験をもとに記事を書いています。